喪主様
Q&A

香典返し

Q.香典返しは、いつ・どのくらいするものなのでしょうか。

弔明けに1/3〜半返しが一般的です。

弔明けは仏式では四十九日が一般的ですが、キリスト教では弔明けという観念はありません。1ヶ月目の召天祭に記念品を贈るのが一般的です。
お返しの額は香典の1/3〜半額です。一家の働き手が亡くなった時は1/3程度で良いとされています。いただいた金額に応じて何段階かにわけて、一律に同じ品物を選ぶといいでしょう。

Q.表書きは?

表書きは「志」が共通。差出人は実主。

のし紙は黒白あるいは黄白の結び切りで、一般には「志」とし、水引きの下に喪家の姓を書きます。戒名などをつけるときは、短冊に書いて左肩に貼ります。
表書きも宗教で異なり、仏式では「吊明け」「満中陰志」「粗供養」などとも書き、神式では「今日志」あるいは「偲び草」、キリスト教式では「偲び草」「召天記念」などと記します。どの宗教にも共通できるのは「志」です。
香典返しは、喪主を差出人名にしたあいさつ状を添えるのが一般的です。

Q.香典返しを受け取ったら お礼状は必要ですか。

お礼状は出さなくても。しかし…

基本的に、香典返しの礼状は出さないでよいとされていますが、親しい間柄であったり、間違いなく品物を受け取ったという連絡をしたい場合は、少し日をおいてからハガキなどで間接的に知らせるようにします。
文面は、例えば「先日は丁重なごあいさつをいただき、恐縮です」などと受け取ったことの一文を添えながら、遺族のその後の様子などを見舞うようにします。

Q.喪中の方への年賀状や中元・歳事は?

中元は四十九日以降。
歳暮・年賀状は寒中見舞いとして。

松の内が過ぎてから寒中見舞いを出すようにします。年賀欠礼状は受け取らなくても、先方の喪中を知っている場合は年賀状を控えます。
中元は例年通りに贈ってもかまいませんが、弔明けが過ぎてからにします。黄白の水引は避け、白無地の奉書紙に「御中元」か「暑中見舞」と表書きするか、略式の短冊にします。
歳暮は年末せまっての弔明けなら、松の内が過ぎてから寒中見舞いとして贈ります。

Q.弔服中に近親者が亡くなった場合の喪の期間は?

新たに亡くなった人の喪が明けるまでが喪中です。

弔服期間中に別の近親者が亡くなった場合、新たに亡くなった人の死亡日から次の弔服を重ね、その喪が明けるまでを喪中とします。このように弔服が重なること「重弔服」と言います。
また、弔服期間の心得として結婚披露宴や祝賀会などの慶事への出席は、弔服期間中は控えるのがマナーです。弔服中と言って、丁重に断るのがエチケットです。ただ、父母や子、同居親族などが死亡した場合を除き、本人の気持ち次第で慶事に出席する例も増えています。もっとも相手が気にすることもありますから、一応断るのも心づかいでしょう。

Q.引出物はどんなものを用意すればよいでしょうか。

実用品が喜ばれます。
表書きは「粗供換」 または「志」とします。

引出物は、参列者全員に用意します。金額は、2千円から5千円程度が一般的です。
品物は、いくらあっても困らない実用品が好評です。また陶磁器なども使われています。引出物を選ぶ基準は、故人らしさのある品ですが、帰路にかさばったり、重かったりするようなものは避けるようにします。
三回忌ぐらいまでは、これに菓子やお茶などをつけて二重にする所、決まりものがある地域もありますから、法要をする地区に詳しい人にたずねてみることも必要でしょう。
最近では、参会者が好きなものをカタログから選べるカタログギフトを利用することも多くなっています。
引出物の表書きは「粗供養」あるいは「志」とします。

法要

Q.仏式の弔日法要は?

七日ごとに法要、七七日(四十九日)に弔明けの法要を。

一般的には七日目ごとに読経をしてもらい、四十九日に弔明けの法要をします。
初七日と四十九日以外は内輪で行うことが多くなっています。
また葬儀のあと、遺骨を迎えて読経するときに、同時に初七日の法要を兼ねる事も多くなっています。

Q.神式の弔日法要は?

十日ごとに霊祭。五十日祭で弔明けに。

神式では、仏式の法要に当たるものを「霊祭」と言います。故人の死亡した日から数えて10日ごとに「毎十日祭」を行います。神道では、個人が生前好きだった食べ物を毎日祭壇に供えますが、十日祭には、さらに丁重な霊祭を行います。死亡後50日目で弔明けとなり、「五十日祭」を行います。

Q.キリスト教式の弔日法要は?

カトリックは追悼ミサ、プロテスタントは記念式で追悼。

特別な決まり事はありませんが、一周年目に盛大なミサを行い、区切りの良い年に召天記念ミサを行います。
プロテスタントは亡くなってから1ヶ月後を召天記念日として記念式を行い、数年間は1年ごとの命日に記念式を行い、数年間は1年ごとの命日に記念式を行います。